「モバイルセカンド」は、企業内のモバイルをロック解除するための新しいチケットですか?

サンフランシスコ – 「モバイルファースト」戦略は、スタートアップレベルから企業に向けての1年か2年の間に、テクノロジーの景観を席巻しました。

おそらく、モバイル製品を構築する鍵は、小さな画面用に既存のソリューションを再フォーマットするのではなく、完全に異なるユーザー層を念頭に置いて最初から始めることでした。

しかし、エンタープライズ技術の大手企業の多くは、必ずしもそうであるとは認めていません。

Zendesk、Salesforce.com、CloudOn、CrushPathの役員は、デスクトップでの成功を最初に見つけ出し、それをモバイルに成功裏に翻訳していた。

Bard氏は、「実際には、各デバイス、コンテキスト、ユースケース、そしてそのデバイスを活用するためのマイクロモーダル体験をどのように創り出すかを考えます」と説明しています。

たとえば、ZendeskのCEO、Mikkel Svane氏は、顧客サービスプラットフォーム(少なくとも「数十万人」)を使用している顧客担当者の60%以上がデスクトップ環境と連携してネイティブアプリを使用していることを明らかにしました。

VCのアクセル・パートナーズのパートナーであるRich Wongは、エンタープライズ・テクノロジー市場をモバイル・トレンドを活用した真のビジネスを構築することによって「現実の資金が生み出された場所」として説明した。

Salesforce.comのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるアレックス・バーード氏は、「PCはまだ死んでいない。人々はまだPCを使用している」と言って、デスクトップ体験を軽視しないよう警告した。

iPhone:新しいiPhoneをリリースしたときのAndroid所有者の行動、革新、ブラジルでのM2M市場の復活、モビリティ、中国のスマートフォン400ドル?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは、耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていない

Bard氏は、今日のエンタープライズアプリケーションの20%が、デスクトップおよびモバイル用に利用可能であると見積もっており、ガートナーの予測では2017年には90%に飛ぶと予測しています。

Bard氏は、「モバイルセカンド」コンセプトに関するSalesforceの観点について、各デバイス、コンテキスト、ユースケース、およびそのデバイスを活用するためのマイクロモーメント体験の作成方法について実際に考えています。

同氏は、Salesforceのポートフォリオはプラットフォームだけでなくアプリケーションの両方から構成されていることを強調した。これは、「モバイルセカンド」がモバイルファースト戦略が十分に満たしていないという包括的なイメージを描くことを示唆している。

また、コンシューマー・テクノロジーのアプリと、企業がコピーするべきものとの間の類似点を描き、InstagramやUberなどの成功事例は消費を促す機能に基づいていることを強調しました。 Bard氏は、ITの消費動向を心に留めて、エンタープライズアプリケーションは同じことをする必要があると示唆した。

Wong氏は、エンタープライズ内のモバイルデバイスに関しては、2つの喫緊の課題として、セキュリティとプライバシーを指摘しました。

CloudOn CEOと創業者Milind Gadekarは、ここで考えるべき2つの異なるアクセスポイント、すなわちエンドユーザー(セキュリティについてはそれほど配慮していないユーザー)とコンプライアンス要件の独自のセットを持つエンタープライズIT管理者を提唱しました。

同代表は、政策を定義するため、ITにコントロールを与える必要があると主張した。

「デバイス管理、アイデンティティ管理、ポリシー管理については、非常に重要です」とGadekar氏は続けました。

Svaneは、ネイティブアプリであれば、どのアプリがどの端末で有効になっているかを正確に監視することが簡単にできることを示唆しています。

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

M2M市場はブラジルに戻ってくる

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません