アイスランドの発電は75年以上にわたって99%の稼働率を誇っています

99%の稼働率を1年または2年以上上回っていることについて話したがっている業界では、何十年にもわたって稼働し続けるという考えは、まれにしかないようです。しかし、一部のビジネスでは、ダウンタイムはほんの数人以上の人々に影響を与えます。これは、あなたが電力を生成するビジネスにいるときの状況です。

アイスランドの国では、発電量が30万人の住民の現在のニーズをはるかに上回っています。今日の安価で豊富な水力発電と地熱発電は、世界のアルミニウムのかなりの割合が、複数のベンダーからの巨大な製錬設備の24/7稼働と緑色の再生可能エネルギーの約束を経て、電力集約型ビジネスにとって魅力的な場所になっています。長期的な低価格の契約で、データセンター運営者の目の前で彼らの注意を引くことができます。アイスランドの最大の水力発電所、Kárahnjúkarは2009年に完成し、これらのアルミニウム製錬所の使用にほぼ独占的に690MWの電力を供給している。

しかし、1937年にLjosafoss発電所が委託されたとき、その発電量は8.8MWで、今後20年間は全国に電力供給するのに十分であると考えられていました。しかし、第二次世界大戦の到来、そしてヨーロッパへの舞台拠点としてのアイスランドの役割の到来で、国の電気需要は急速に増加し、施設は1944年に第3のタービンが追加されて改装され、発電所はそれ以来設定しています。

3つの運用タービンでは、停電が発生していない時間がないことを理論的に意味する、あらゆるユニットでメンテナンスを行う必要がある場合、ステーションはそれらを循環することができます。ここ数年の間に、プラントの元の運営者が決して想像し得ない監視装置の銀行がプラントの発電能力を監視し管理するために設置されてきたが、システムの心臓部は依然として40フィート1937年に初めて操業した。

私が話したオペレータによると、プラントは、70年前の改修に要した時間を除いて、試運転開始以来、年間平均3日間のダウンタイムがありました。過去75年間に建設された他の水力・地熱発電所と比較して小型であるにもかかわらず、Ljósafossは、年間15.3MWの電力を毎年投入している。

データセンターと比較して、水力発電プラントは単純なものです。ある点から水を落とし、そのエネルギーを使ってタービンの羽根を回転させ、環境への影響を最小限に抑えてもう一方の端から力が出ます。しかし、あなたがオペレータと話すときには、学ぶことができるいくつかの教訓があります。すべてが慎重に文書化されており、起こったまたは想像されたあらゆる状況に対処するための手順が用意されています。作業の注意深い詳細な監視は、ローカルでも電力会社にとっても中央の場所で自動化され、維持され、施設内で働く者は作業に大きな誇りを持っています。そして、これらはあなたのビジネスのために取り除くことができる良いプロセスです。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

DataRobotは、データサイエンスの果実の低さを自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任