インドのITサービス大手企業は世界規模で成長

ITサービス市場上位5社は2011年に23.8%の成長を遂げましたが、ITサービス市場の世界的な成長率は7.7%の伸びを示しました。

インドのITサービス・トップ5社(タタ・コンサルタント・サービス(TCS)、インフォシス、コグニザント、ウィプロ、HCLテクノロジーズ)の2011年の収益は298億ドルで、 2010年の世界市場シェアは2010年の3.1%から2011年には3.5%に増加しました。

ガートナーのプリンシパル・リサーチ・アナリスト、Arup Roy氏は、次のように述べています。「インドのトップ5のサービスプロバイダーは、大手の多国籍企業から市場シェアを引き離してきました。 1億米ドル以上の総契約額」

2011年には、オフショアサービスのためにヨーロッパの顧客、特に欧州大陸の間で変化の兆しが見られたと付け加えた。 「インドのプロバイダーは、歴史的に、西ヨーロッパのITサービス市場では米国市場よりも市場シェアを獲得することがより困難であると認識していましたが、グループとして上位5社は2010年の2.3%から2.8% 2011年。

アナリストはまた、これらのインドの主要企業の顧客セグメントは依然としてFortune 1000企業であるが、近年はサービスポートフォリオを拡大しており、アプリケーションサービスクライアントのクロスセリングおよびアップセルをインフラストラクチャサービス、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス、クラウドおよび分析サービスを提供しています。

2011年、TCSはインドのトップITサービスプロバイダーとして、2010年の70億ドルから29.4%の増収で90億ドルの収益を達成し、世界のITサービスプロバイダーランキングで16位にランクされました。先月、同社は100億ドルの売上高マイルストーンを乗り越えた最初のインドIT企業であると発表した。

2番目に大きいインドのITサービスプロバイダーであるインフォシスは、2010年の53億米ドルから17.8%増の63億米ドルで世界ランキング26位を維持しました。

Cognizantは、インディアンITサービスプレイヤーの中で第3位になるために、収入のWiproを追い抜いた。世界中で27位にランクされたCognizantは、2010年には44億米ドルから33.3%増の59億米ドルの売上を達成しました。世界ランキング31位のWiproの売上高は53億米ドルで、12.3 HCL Technologiesは世界ランキングで46位で、2010年の26億米ドルから26.2%増の33億米ドルとなりました。

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する