インドは、ローカルサーバーを経由して海外の電子メールをルーティングしたい

ウェブメールプロバイダは、たとえそのアカウントが海外に登録されていても、国内のサーバーを通じてインドでアクセスされたすべての電子メールメッセージをルーティングするよう求められる可能性があります。

インドのタイムズ紙によると、新指令は、セキュリティー機関が、海外に登録されたアカウントの電子メールにリアルタイムでアクセスすることができないためだという。この問題は、インドの治安機関が、監視期間中にインドのムジャヒディンのテロリスト団体の疑惑のある人物の口座にアクセスできなかったときに点灯した。電子メールプロバイダは、電子メールアカウントのサーバがメッセージにアクセスするための基盤となった欧州の国からの許可を要求する必要があると、代理店に語った。

インドのコンピュータ緊急対応チーム(CERT-in)のディレクターは、Yahooがインドに登録されているサーバーにインドに登録されているアカウントのすべての対応を既に保存していると述べた。しかし、インド以外の国に登録されたアカウントからの電子メールは、海外のサーバー経由で引き続き配信されているという。

「YahooからGmailへのアドバイスは、インドからアクセスされたすべての電子メールメッセージをインドのサーバーにルーティングすることになった」と述べた。

情報技術部(Department of Information Technology、DIT)は、できるだけ早くこのトピックについてサービスプロバイダーにアプローチするよう求められたと報告書は付け加えた。

国内でサーバーを設置するために政府が目標としているのは、Webメールサービスプロバイダーだけではありません。火曜日に、BlackBerryメーカーのResearch In Motion(RIM)は、インド政府がインドにサーバーを設置することを要請した。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促し、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命