オフィスソフトウェアを手頃な価格で所有する方法

マイクロソフトの新しいOfficeライセンスについて詳しく見てみると、Microsoftはもはやあなたのオフィスソフトウェアの所有を望んでいないことを明確に示しています。彼らはあなたにそれを借りて欲しい。だから、LibreOfficeを無料で入手してみてはどうでしょうか?

あなたはオープンソースのLinuxの人、私を信じる必要はありません。私はWebサイトのMicrosoft社のエド・ボットを引用しています;リムーバブルメディア上のMicrosoftの主力製品であるOfficeを買うことはもうできません。 Officeの3つのリテールエディション(ホームと学生、ホームとビジネス、およびプロフェッショナル)のオフラインインストーラファイルもダウンロードできません。

しかし、待って、もっと多くのことがあります。 「マルチPC版はもはや入手できません」、「あなたの永久ライセンスは1台のPCに固定されています」あなたのPCは煙が上がる?あまりにも悪いことに、 “あなた”のコピーを他のPCに法的にも物理的にも再インストールすることはできません。

なぜMicrosoftはこれをやっているのですか? Bott氏が以前の記事で説明したように、マイクロソフトは古典的な「ニンジンとスティック」のアプローチを適用して、Microsoft Officeを買う代わりにレンタルするよう強制しています。要するに、Officeを購入するより多くの費用がかかり、毎年Officeに加入している場合よりも、あなたのお金が少なくなるでしょう。それはMicrosoftにとって素晴らしいことです。あなたとあなたの会社のためにLousy。

私は昔ながらのものを呼び出しますが、私は自分のソフトウェアを所有しているのが好きです。私はピッキングしてどこにインストールすればいいのか、どうやって使うのが好きです。そして、私を賢明とも呼んでください。私はOffice 365 Small Business Premiumを1年に1度、1日に150ドル支払うことができます。または、LibreOfficeを無料で永久に使用して、どこでも、どこでも使用できます。

確かに、彼らは同じことではありません。 Office 365 Small Business Premiumには、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Accessが付属しており、Writer(Word)、Calc(Excel)、Impress(PowerPoint)、Base(Access)が付属しています。 LibreOfficeにはOneNoteまたはOutlookに相当するものはありません。一方、OutlookではなくThunderbirdをいつでも使用でき、LibreOfficeにはグラフィックスプログラムであるDrawが含まれています。

だからといって貴方のビジネスが単なるメモ帳ソフトウェアであるOneNoteに依存しない限り、私はMS-OfficeをIT予算の永続的な部分にする良い理由は見当たりません。また、メモを取ることが本当に大事な場合は、代わりにEvernoteを提案してもよいでしょうか?

2つのオフィススイート間のドキュメントフォーマットの互換性は依然として問題ではありますが、これまでのものよりはるかに少ないものです。マイクロソフトは、LibreOfficeのネイティブOpen Document Format(ODF)を使って作業することで得意になり、LibreOfficeはMicrosoftのOpenXML形式で作業しています。

私にとっては、あなたが賃貸人であるか「バイヤー」になりたいかは、すべてが分かります。買収のコストがゼロのとき、私は妄想から自分を揺るがすことができる人は、Microsoft Officeを常に使用しなければならないということは、誰が最も賢明なコースであるかを知るためだと考えています。

 ストーリー

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

Office 2013とOffice 365の大幅な変更により、Microsoft顧客のロイヤリティがテストされ、MicrosoftのOne-PC制限はOffice 2013では新機能ではなく、Office 2013の定期購読では何が失われるのか、LibreOffice 4: LibreOffice 4.0:大きな変更はボンネットの下にあります

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理とは何か、企業ソフトウェア、Sweet SUSE! HPEは、Linuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース