ハンズオン:新しいプリンタをLinux(およびWindows)でセットアップする

私の4歳半のHP H470b、モバイルブルートゥースプリンタは最近、幽霊をあきらめました。

それが簡単に復活しないと自分自身を説得するのに十分長い間、それの内部を突き刺した後、私は新しいものを取得しなければならないという事実に自分自身を辞任した。

それが起こると、私はちょうど最近、それのためのインクパックの二重パックのカップルを購入した、と私はそれらを使用する可能性のある別のプリンタを探して、可能であればそれらを投げる/寄付/オークションする必要はありません。

HPは長い間、特定のプリンタを廃止していたので、同じカートリッジを使用する新しいプリンタを見つけなければなりませんでした。

HPが提供する現在のモバイルプリンタラインは、Officejet 100(プリンタ)と150(オールインワン)で、H470と同じインクカートリッジを使用できるように思われます。 “カートリッジはプリンタのデータシートに記載されていますが、インクカートリッジの「互換性のある製品」リストにチェックを付けると、H470と100/150がすべてリストされていました)、Officejet 150をピックアップしました。

両方のモデルのプリンタ仕様は、同一の解像度で最大600x600dpiの黒色と4800×1200の「最適化」色、5-22ppmの黒色、3.5-18ppmの色です。彼らはどちらも50枚の用紙トレイを持っており、リチウムイオン電池を搭載しており、電池の電力で500ページを印刷できると主張しています。

接続性/互換性は近いが同一ではない。どちらもUSB(2.0)、Bluetooth(2.0 + EDR)、PictBridgeを搭載していますが、150にはSD / MMCメモリカードスロットもあります。

私がH470を使用したのと同じ方法でこのプリンタを使用するため、私はこのBluetooth接続を重要視しています。まず、自宅でラップトップやネットブックを印刷して、ケーブルを悩まさずに印刷します。プリントサーバーを使用したり、プリンタの出力を取得するために二階に戻ったり、ビジネスや休暇で旅行しているとき、私が覚えておきたいことがないときは、正しいケーブルを掘り出して接続してください。

H470はこのように過去4年間非常にうまくやってくれました。私は、新しい150がまったく同様に続くことを完全に期待しています。もしあれば、Bluetooth受信機はH470のようにアドオンのUSBドングルではなくプリンタに内蔵されているので、150でよりうまく動作することを願っています。

H470と100を超えるOfficejet 150の方が優れている点は、スキャン/コピー機能です。これは、私がCanon BJC 50/70プリンタで持っていたものです。普通のプリントヘッドの代わりに “スキャナヘッド”を取り付けることができたからです。私はこの機能をもう一度使うことができてうれしく思います。なぜなら、これはかなり頻繁に、特にビジネスの旅をしているときに頻繁に使用していたものです。

実際には、スキャンヘッドを覚えておく必要がなく、プリンタのボタン1つでコピーすることができるので、今はちょっと簡単です。

Officejet 150のその他の重要な新機能の1つは、SD / MMCカードの画像の表示、選択、印刷に使用できる6cmのカラータッチスクリーンです。私はこの種の機能をこれまでずっと使っていませんが、スイスポストが “SwissPostCard”ウェブサイトとサービスを完全に台無しにしたので、私のパートナーは私たち自身の写真を印刷し、ポストカードとして送信します。私たちがまだトラバリングしている間にこれを簡単にやり遂げることができれば、いい触手になるかもしれません。

さて、新しいプリンタの開梱とセットアップ:まず、HPは「テープとプラスチック箔の最大量」の賞を1つのパッケージで受賞しました。私はそれほど多くは見たことがありません。特に、小さなプリンターなど。確実に梱包され、保護されています。

セットアップを続けると、付属のインクカートリッジを脇に置き、手元に持っていた338(黒)と343(カラー)カートリッジを取り付けました。これまでのところ、とてもうまくいけば、彼らは普通の場所にフィットしてロックされていました。私はプリンタの電源を入れ、苦情も警告もなく通常の初期化テストを行った。カラーのタッチスクリーンは、言語と場所を選択するよう促しました(プリンタがその場所を知りたいのはなぜだろうか)。

とにかく、画面は非常に小さく、タッチ機能は私の指のための本当に良いマッチではありませんが、私はそれを完了することができました。この時点で、セットアップメニューを見て、Bluetoothがデフォルトで有効になっていないことに気付きました。それをオンにするワンタッチ、大したことではありませんが、気づいていなかったらどれくらいのトラブルが起きたのか、後でノートパソコンに設定しようと思ったのです。

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

新しいラップトップ、Linux、UEFIの実験、新しいWindows 8.1ラップトップを購入してLinuxに対応する準備、Knoppix Linux 7.2.0のハンズオン:安定したLinuxディストリビューション、Kali Linux 1.0.6、ハンズオン;ラズベリーパイハンズオン:PiHubとBluetooth

次に、初めての本物のテストが始まります。ラップトップを持ち、Officejet 150がLinuxでどのように動作するか(そしてその可否)を確認してください。

私は自分の机の上にLinux Mint Debian Editionが走っているレノボT400を持っていました。私はメニューの「Printers」項目に行き、Addを選択してここに表示された画面を表示し、数秒でHP Officejetがリストの一番上に表示されました。名前は「HP 511L」です。それはユニットの実際のHPモデル番号です。

うわー、それはかなりいいです – 私はH470をセットアップしたときからこれを覚えていますが、すべてがとてもスムーズに動作するのはまだ素晴らしいです。この作業の鍵は、bluez-cupパッケージをインストールする必要があることです。これはLinux Mintであるため、この場合は問題ではありませんでした。これは、幅広いパッケージとユーティリティをベースインストールに含めることがどれほどうれしいかの別の例です。

私はリストからそれを選択して[転送]をクリックし、次のステップはプリンタドライバの選択でした。最初にすべての大手プリンタメーカーのリスト、HPを選択した後、特定のプリンタモデルの長いリストを表示し、「OfficeJet 150 Mobile l511」が見つかるまでスクロールしました。これには、適切なドライバパッケージがインストールされている必要があります(この場合はhplip-hpijsです)。これは、パッケージが実際にインストールされているLinux Mintです。

プリンター;リコー、ブラジルへの投資を拡大ハードウェア; HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンターの不振は続く; 3D印刷; Bioprinting骨と筋肉:移植の未来を形作るインクジェットセルプリンター; Hardware;

参考文献

このケースでは2つのドライバがリストされていますが、機能的には同等であることがわかる限り、最初のドライバを取りました。万が一、正常に動作しない場合は、戻ってもう一度試してみます。

ところで、Linuxシステムにプリンタを追加しようとしていて、ドライバリストにそのプリンタが見つからない場合は、常に「汎用」ポストスクリプトまたはPCLドライバを使用するオプションがあります。私の古いLexmark E240レーザープリンタはドライバリストにはないが、汎用のPCL 5eとPostScriptドライバはうまく動作する。

正しいドライバーが選択されると、ここに示すように、プリンターは「印刷設定」リストに表示されます。この場合、定義されている唯一のプリンターであるため、デフォルトのプリンターとしても割り当てられます。私はその後、美しい色でOJ150に出てきたテストページを印刷しました。

Zowie、それは簡単でした!私は最初のセットアップでMintを選んだのはおそらく幸運なことです(経験から少し賢明です)。これはすべてのLinuxシステムで非常に簡単だとは思わないはずです。しかし、問題がある場合は、Linuxディストリビューションとプリンタモデルの特定の組み合わせをウェブで検索することができます。詳細については、設定方法をご覧ください。

さて、もしLinuxでセットアップが簡単だったら、それは少なくともWindows上では簡単かさらに簡単でなければならないのでしょうか?つまり、これはWindowsの謝罪者がLinuxを絶えず打ち破っていることであり、プリンタやその他のハードウェアドライバは難しい。

私のパートナーが使用するシステム(Windows 7搭載のSamsungネットブック)がそこに座っていたので、試しました。

スタート/デバイスとプリンタ/プリンタ/ Bluetoothプリンタを追加しました。それはブルートゥースプリンタを検索し、最終的にはOfficejet 150を表示するウィンドウを開きました。私は「Add」をクリックして、通常の「ハードウェアのインストール」ウィンドウを表示しました。しかし、物理的なデバイスを追加した後、それはドライバを探していなくなり、見つからなかった。

箱に戻ってプリンタが入ってきて、2枚のCDが入っています.1枚はWindows 7用、もう1枚はWindows 8用です。異なるドライバー?たぶんそれは実際に異なるドライバではなく、むしろユーザーインターフェイスやさまざまなアプリケーションレベルのプログラム、特にスキャンのサポートです。

私の朝は完全にするために、これはネットブック上にあったので、CDドライブを持っていなかったので、使用するにはUSBドライブを掘る必要がありました。もちろん、私はおそらくHPサポートWebサイトに行って、OJ150用のドライバパッケージを見つけてダウンロードし、CDを使用せずにインストールした。でも、これは簡単だと思いますよね?簡単な、簡単なように?しかし、これまでWindows 7にこのプリンタをインストールするのにもっと多くの時間を費やしてきましたが、Linux Mintで行ったよりも、まだ実際の進歩はありませんでした。

その後、USBドライブを接続し、Windows 7用のHPインストールCDを挿入し、インストールプログラムを実行します。長い間走った私は本当に長い時間を意味します。多くのステータスメッセージと、それが進歩していることを示す緑色のチェックマークが付いたかわいらしいグラフィックスですが、やっとそれが完了したと言われるまでにはまだ10分以上前です。その後、結局のところ、Windowsにプリンタを追加する必要があると私に言いました。これを行う方法がいくつか挙げられています。

だからもう一度、私は30分近く前からスタート/デバイスとプリンタ/プリンタ/ Bluetoothプリンタを追加するところに戻りました。今回は、両方の段階でうまくいきました。そして、それが終わったら、OJ150がプリンタリストに追加されました。私はもう一度テストページを印刷しましたが、これはうまくいきました。

今、ボーナス機能と、それをOfficejet 100と私の古いH470とから区別しています。

最初のものはコピー機能です。あなたは同じデバイスでスキャンして印刷することができれば、それらを組み合わせてコピーすることができます。まあ、ええ、デバイスが移植可能な場合を除き、スペースは限られています。このプリンタの写真をもう一度見てください。ふたが上下に反転して、最大50枚の標準用紙を保持できる給紙をサポートします。

次に、上に述べた色のタッチディスプレイが入っている、上下にピボットするバーがあります。スキャナの表面はこのバーの下に巧みに組み込まれています。スキャンしたいものは、このバーの下にあるユニットの前面から供給されます。その結果、コピーを作成すると、元のコピーとコピーが反対方向にスライドします。エンジニアとして、私はこれを独創的かつ魅力的な解決策にしています。

このデバイスを購入する前に私が研究していたときに、スキャン/コピー入力が一度に1枚に制限されているというかなりの批判を読みました。そのために私は言うことができます – グリップを得る。これはポータブルデバイスであり、私が知る限りスキャン/コピー機能を持つ最初のデバイスです。私の意見では、それは軽微な奇跡であり、誰かがスキャナーの片面フィードについて嘆願したいのですか?

ポイントに戻るには、コピー機能はうまく動作します。原稿を挿入すると、スキャンフィーダによって原稿がピックアップされ、正しく位置決めされ、ディスプレイに「原稿がセットされました」と表示されます。

画面上の “コピー”をタッチすると、用紙サイズ、タイプ、ズームのコピー設定を変更し、 “黒”または “カラー”をタッチすることで開始することができます。黒のコピーでは約15秒、名目上は黒で約4ppm、カラーでは約2秒で約30秒かかりますが、原稿を個別にフィードしなければならないということを考えれば、1ページ分の時間しかありません。

最後に、スキャナ機能。 BJC 50/70でスキャンヘッドを使った私の以前の経験から、またBluetoothの接続が心配だったこともあって、これは十分に速くて信頼性が高いかどうかという点で、私はこれを心配していましたが、およびオペレーティングシステムによってスキャナデバイスがどのように検出されるかについての情報を含む。

実際に、私は、HPがこれに対してもう一つの本当に巧妙な解決策を見出していることを発見しました。まず、Bluetoothについて忘れてしまいます.OJ150を「従来の」スキャナとして使用するには、USB経由でOJ150を接続する必要があります。しかし、本当に巧妙なビットは、あなたが実際にコンピュータに接続する必要はないということです。

2つの異なるローカルマスストレージインターフェイス、SDカードとUSBポートがあります。これらのいずれかにフラッシュディスクを挿入し、スキャンしてローカルストレージに保存してから、SD / USBディスクをコンピュータに移動してイメージを取得するだけです。完了し、ほこりをつけた。これはまさにコダックP461パーソナルフォトスキャナが採用したアプローチであり、私は数年前に拾ったものです。 HPがここで新たな地位を築いているかのように、彼らはこのポータブルユニットで利用できるものを非常に有効に利用しているだけです。

コピーを開始するためにスキャンを開始するには、原稿を挿入し、シートフィーダがピックアップするようにします。次に、画面上の「スキャン」をタッチすると、コンピュータ、USBドライブ、またはメモリーカードのいずれかの表示先を選択できます。メディアがないものを選択した場合、または「コンピュータ」を選択してUSB接続がない場合は、不平を言い、あなたの方法を修正するよう促します。

出力先のドキュメントタイプ(PDFまたはJPG)と解像度(300または600dpi)を選択できます。次に、[スキャンを開始]をタップすると、オフになります。スキャンが完了すると、出力イメージはUSBまたはSDフラッシュドライブ上の新しいディレクトリに保存されます。私はWindows Printer Test Pageをスキャンしたところ、品質はとても良いです。

現時点で私の意見は、それは高価です(私は “プレミアムプライス”と言わなければならないと思う)、それは価値があるということです。プリンタだけが必要な場合は、Officejet 100を使用して約3分の1のコストを節約できますが、優れたBluetoothプリンタを手に入れることができます。

リコー、ブラジルへの投資を拡大

HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンタの不具合は継続する

バイオプリンティング・ボーンとマッスル:移植の未来を形作っているインクジェット・セル・プリンター

?サムスン、B2Bプリンター用SDKをリリース