ピナナ、香港に20百万米ドルのデータセンターを開設

シンガポールのインターネット交換サービスプロバイダPihana Pacific Incは、アジア太平洋地域に6番目のインターネットデータセンターを開設しました。

香港にある2千万米ドルのセンターは、昨年10月に始まったピハナの6カ国展開を完了させると言われています。

東京、ソウル、シンガポール、シドニー、ホノルル、米国のピーナナの施設と同様に、45,000平方メートルのセンターは、通信事業者、インターネットサービスプロバイダー、アプリケーションサービスプロバイダー、コンテンツプロバイダー、企業にインターネット交換、地域の。

HKTは香港の施設にファイバアクセスノードを設置すると発表した。

2000年1月に設立されて以来、ホノルルに本社を置くPihanaは、Goldman Sachs、Morgan Stanley Dean Witter Private Equity、UBS Capital、GE Capital Telecom、Hewlett-Packard、Columbia Capitalなどから、

4月のCEO、リチャード・カルブナー(Richard Kalbrener)社長は、その大部分がアジア太平洋地域における足跡の構築に費やされると見込まれていたことを明らかにした。シンガポールにあるフィアナの3,500万米ドルのセンター(地域本部とネットワーク運営センターのサイト)の立ち上げ時に話していました。

ピナナの会長、ランバート・オヌマ(Lambert Onuma)は、「他のデータセンターと異なり、帯域幅を再販売したり、キャリアやキャパシティ・プロバイダーと提携していない」と指摘した。私たちは「不動産」(収納スペース)を売るビジネスにはない」

その代わりに、同社の収益は主に、ストレージとセキュリティの管理サービスやプロフェッショナルサービスなどの付加価値サービスだけでなく、インターネット接続(ポートと相互接続料金など)から来ると、Kalbrener氏は述べています。

Kalbrener氏は収益予測を発表しなかったが、同社は2002年後半に損益分岐点を目指すと述べた。

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く