マイクロソフト、富士通、AsusがCSIROと和解

Microsoft、Fujitsu、Asusは、オーストラリアの研究機関Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization(CSIRO)と米国のワイヤレス特許を締結しています。

アップル、これらのiPhoneとiPadsは9月13日に時代遅れになるでしょう;モビリティ、T-Mobileの無料iPhone 7の提供には、先行コストと多くの忍耐が必要です;モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは、耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていない

「CSIROは、WLANに関してHP、Fujitsu、Microsoft、Asusとの機密決済に達している」とHuw Morganの広報担当者はウェブサイトcom.auに語った。

同社のトリオは、ヒューレット・パッカード社と共同で研究体制を整えている。 Intel、Dell、Toshiba、Netgear、D-Link、Belkin、SMC、Acton、3COM、Buffalo、Nintendoに対する継続的な訴訟により、CSIROはこれ以上のコメントをしません。

CSIROは、2005年以来、バッファロー・テクノロジーズ(Buffalo Technologies)に対して、ワイヤレス・ネットワーキングに関する特許を侵害したとして、特許紛争に巻き込まれている(米国特許第5,487,069号)。

Apple、Dell、Intel、HP、Netgearをはじめとする大手企業は、CSIROに対し、バッファロー・テクノロジーズの判決を勝ち取った後、CSIROが特許を覆すために2つの別々の訴訟を提起した。

これらのiPhoneとiPadはすべて9月13日に廃盤​​になります

T-Mobileの無料iPhone 7の特典には、初期費用と多くの忍耐が必要です

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません