マイクロソフト、11月の次世代開発者向けストーリーの詳細を発表

マイクロソフトは、Windowsクライアントの次のメジャーバージョンであるWindows 10のデベロッパーストーリーについてはあまり言及していない。しかし、同社の次世代デベロッパーツールに関する詳細は、今年が終わる前に来るかもしれない。

この2014年のマイクロソフト製品ロードマップ、Windows 7をWindows 7、Microsoft Enterprise Primer on Dynamics ERP、IT ProのサバイバルガイドWindows 7

マイクロソフトは、11月12日にニューヨーク市でCXOコミュニティを主な対象とした、招待者限定の開発者向けイベントを開催する予定です。このイベントは、ロンドンで予定されている同社の予定されている「Future Decoded」イベントの第3の開発者重視の日と一致します。マイクロソフトCEOのSatya Nadellaは、3日間のFuture Decodedカンファレンスのスピーカーの一人です。

私はMicrosoftが11月12日に「Visual Studio」14というコードネームのVisual Studioの次期バージョンのベータ版を公開する予定であると聞いた。未来のデコードされたイベントの3日目のアジェンダから、 Softiesのように、Microsoftのユニバーサルアプリケーション戦略と、同社のインターネットサービスであるPower BIとエンタープライズモビリティスイートについても話をする予定です。

マイクロソフトでは、Universal Appsを開発するように開発者にアドバイスしています。これにより、マイクロソフトのさまざまなオペレーティングシステムで多くのコードを再利用できます。このアイデアは(ほとんど)一度書いて、どのバージョンのWindowsでも実行することです。 Microsoftの関係者は、開発者に「Windows 10を準備する最善の方法は、普遍的なWindowsアプリケーションを構築し続けることだ」と語っている。しかし、現時点では、ソフトウェア開発の主要なOSとしてWindows 10を使用しないように、開発者を指導しています。

次のMicrosoft Build Conferenceは2015年4月まで予定されていませんが、(正確な日付はまだありません)、Microsoftの関係者は昨日発表しました。しかし、その間、SoftiesはWindows開発ツールの更新版を引き続き公開しています。

マイクロソフト社は利用可能になりましたが、今年6月にはVS ’14の初期プレビュー版がリリースされました。この時点で、より完全なプレビュービルドと、この暦年後に製品の最終的な命名が明らかになると指摘しました。 VS ’14は2015年になるまで最終的な形で出荷される予定ではない。

Microsoftの関係者は、Roslynの.Netコンパイラプラットフォーム、ASP.NET v.Next(コードネームのProject K)、Apache CordovaツールのサポートはすべてVS ’14の一部であり、MicrosoftはVisual C + +のリリースを予定しています。

今後リリースされるVSリリースでは、C#とVisual Basicのコンパイラと統合開発環境はすべて、オープンソースのRoslyn「サービスとしてのコンパイラ」上に構築されています。プレビュービルドには、ASP.NET v.NextおよびASP.NET 4.5 Webアプリケーションテンプレート用のツールの初期コーディングが含まれていました。

私は、Microsoftが11月の噂でも、.NET Nativeコンパイラ(コードネーム「Project N」)の別のテストビルドをリリースすることに驚くことはないだろう。 Microsoftは、2014年4月にTheNet Nativeコンパイラの最初の開発者プレビューを公開しました。

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラズベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス

Net Nativeは、Windowsストア/メトロスタイルのアプリケーションの起動を最大60%向上させ、コンパイル時のメモリ使用量を15〜20%削減します.Net Nativeは、Microsoftの関係者によると、要するに、NET Nativeは、C ++のように動作するネイティブマシンコードにC#をコンパイルします。

NET Nativeと言えば、そのコンパイラは現在、Microsoftの新しく作成されたSystems Programming Groupの一部です。 (Walking Catのおかげで、この新しいグループについてのリンクと情報についてはka @ h0x0dを参照してください)。

Joe Duffy氏は、このグループのエンジニアリングディレクターを務めています。「安全で生産性の高いシステムプログラミングの状態を進化させ、Visual C ++コンパイラのようなコアコンパイラ技術の開発、.NET Nativeのような新しい取り組み、私がいつかすぐにブログに待つことができない他のものはほとんどありません。 Duffyは、MicrosoftがMidoriオペレーティングシステムのインキュベーション作業の一部として構築した新しいコンパイラ、M#の原動力の1つでした。

私はマイクロソフトが11月のイベントを使ってMidori / M#について話すのか疑問だが、それはそれがまだ早すぎるかもしれないと思う。しかし、11月のユニバーサルアプリケーションとVisual Studioの14の対話のどれがWindows 10に焦点を当てるのだろうかと思う。

11月12日のイベントについてマイクロソフトに尋ねたところ、私はこの時点では会社に何も言わなかったと言われました。

クラウドコンピューティングの成長

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編