マイクロソフト、Googleに:誰がEUに訴えるのか気にする?それに対処する。

今日のブログ記事では、マイクロソフトは、広告業界に対するGoogleの力に関する欧州連合(EU)の新たな調査を取り巻くいくつかの指差しの受け止め方について例外的に取り上げている。

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。

今週初め、Googleは本質的にMicrosoftをEU調査の原動力としたブログエントリを投稿した。しかしマイクロソフトは、1)基本的にはそれが原動力ではなく、2)たとえそれがあったとしても、それが何であるかという独自の発言で解雇したのだろうか?競技者は、通常、不公平な競争行動であると考えるものについて不平を言う人です。

Dave Heiner – ブログ記事の著者 – 知っておくべきこと。彼は1994年以来マイクロソフトのチーフコンペティションオフィサーを務めており、規制面での厳しい審査を受けています。

政治はさておき、前後の校庭 – ブログ圏 – 誰が話したのか、本当に問題にしてはいけないのかを争いました。規制当局が調査を開始するのに十分な場所を見つけたという事実は変わらない。調査が一晩で終わらないことは間違いない。

だから、今ブログの記事が上がって、両者は言いました、それは側に歩み寄り、EUにそのことをさせる時です。

また見てください

MIcrosoftはGoogleに対して手袋を取る

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surfaceが長く続く