マイクロソフト社は、Delve社の「Flipboard for Office 365」を発表する。

Microsoftは、月曜日から、Office 365のビジネスユーザー向けに、Office Delve(Flipboard; Office 365のようなサービス)を展開し始めている。

この2014年のマイクロソフト製品ロードマップ、Windows 7をWindows 7、Microsoft Enterprise Primer on Dynamics ERP、IT ProのサバイバルガイドWindows 7

Delve、コードネーム「Oslo」は、Microsoftの役員が今年初めに発表した新しい内部検索およびプレゼンテーションアプリケーションです。

Delveは、カードのようなユーザーインターフェイスで、「自分がやっている仕事や彼らが関わっている人々」に基づいて情報を表示します。 Delveでは、ユーザーは情報の保存場所や共有者を覚えておく必要がなくなります。その情報は自動的にユーザーに表示されますが、適切なアクセス許可が与えられた場合にのみ表示されます。

Delveは、Microsoftの社内に構築されたOffice Graphを使用して、Office 365の人、コンテンツ、および活動の関係を確認します.DelveはOffice Graph情報を利用する最初のアプリだとMicrosoftの関係者は述べています。

初回リリースでは、Exchange、OneDrive for Business、SharePoint Online、およびYammerエンタープライズソーシャルネットワーキングコンポーネントからの情報をDelveが提供します。

今後数ヶ月にわたって、電子メールの添付ファイル、OneNote、Lyncなどのより多くのコンテンツソースからの情報をDelveが発見できるようになると、関係者は9月8日のブログ記事で述べている。

2015年のカレンダーで、マイクロソフトの役員は、DelveをOffice 365で独占的に稼働していない顧客にまで開放するアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)で拡張することを約束しているという広報担当者が私に語った。広報担当者は、「Office Graphのハイブリッドサポートの計画もあるが、タイミングを共有しているわけではない」と述べた。

MicrosoftはDelveをOffice 365ユーザーに段階的に展開する予定です。新旧両方のOffice 365ビジネスユーザーは、Delveを購読の一部として取得しますが、Office 365 PersonalおよびOffice 365 Home Premiumユーザーは使用できません。

最初にそれを得るには、Office 365 E、A、およびGプランのビジネスユーザーが、MicrosoftのOffice 365 First Releaseプログラムを選択します。その後、DelveはすべてのOffice 365ビジネスユーザーに展開されます。最初に入手するのは、Office 365 E1からE4のサブスクリプションプラン、A2からA4アカデミック、G1からG4の政府計画に対応するものです。

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

(最初のリリースは、リフレッシャーを必要とする人のために、管理者が残りのユーザーよりも数週間早く、特定の重要なサービス更新を受信できるようにするためのオプトインプログラムです。ユーザーがOffice 365の展開プロセスの初期段階で互換性やその他の問題を回避できるようにすることを目的としています)。

2015年1月から、MicrosoftはOffice 365 Business Essentials、Business Premium、Office 365 Small Business、Small Business Premium、および中規模ビジネス計画に向けてDelveを展開します。最初のリリースにサインアップしたこれらのプランの人は、1月から最初にDelveを取得します。

マイクロソフトの関係者は、2015年初頭に対象となるすべてのOffice 365ユーザーに対してDelveの公開が完了すると予想していると述べた。

一方、Office 365について言えば、Microsoftは先週、Office 365の導入戦略に若干の変更を加えました。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

マイクロソフトの幹部は、今年初めに開催されたワールドワイドパートナー会議で、以前より多くの顧客オンボーディングを行っていると言いました。これは、一部のリセラーパートナーが心配していた啓示です。先週、同社はオンボーディングに関する詳細を公開した。具体的には、FastTrackプログラムを変更し、Exchange Server、ロータスドミノ、Google Gmail、IMAPアクセス可能な環境(150席以上のユーザー)からOffice 365に電子メールを無料で移行する予定です。

この変更の一環として、MicrosoftはOffice 365 FastTrackオンボーディングセンターを作成しました。このセンターは、顧客とその「優先パートナー」に提供されています。 Onboarding Center “は、Exchange、SharePoint、Lync、Office 365 Pro Plus、YammerなどのOffice 365ワークロードのプロビジョニングと構成をサポートします。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大