ライセンス問題がSAPのアジェンダを支配

ERPの専門家は、シドニーで開催された最近のオーストラリアユーザーグループ(SAUG)サミット会議で複雑なライセンス契約を締結しましたが、多くの顧客の問題は解決されていないとSAUGの議長のCarlo Terribile氏は述べています。

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

Terribileによると、SAPのライセンスについては混乱がたくさんありました。

多くの人々は、R / 3からmySAPに移行する場合、新しいライセンスが必要だと考えました。

彼らは、「首都のために、我々は懸念を抱いている。

だから彼らは、「我々はすでにメンテナンスをしているのですが、どうして私たちは資本コストを払わなければなりませんか?」と言っています。

SAPはこれまで、ライセンスがより複雑になることを認めていました。 R / 3製品は近年置き換えられ、より幅広いmySAP ERP製品のエンタープライズ・コア・コンポーネントとして再編されました。

SAUGはメンバーの懸念事項を収集し、ベンダーに尋ね、年次サミットで取り上げました。

私は、オープンで誠実なSAPがそれについてどのようになるのかよく分かっていませんでしたが、プレゼンテーションは非常にうまくいったのです」とTerribile氏は述べています。

それは、メンバーより多くの情報を提供し、他の情報源から集めることができました。

このプレゼンテーションは「功を奏する」が、一部の小規模な顧客はまだ懸念していたとTerribileは述べている。

いくつかのメンバーはさらに多くの情報を持っていることをさらに懸念しています…しかし、彼らは「今、私たちはこれについてSAPと詳細な議論を行う必要があります。

SAPはこれらの顧客に個々にアプローチするように頼んだ。

「影響力」モデルを採用し、状況が改善した一方で、SAUGはグループが解決できる他の方法、ライセンスの早い問題などを検討していました。

同グループは、米国のSAPユーザーグループが使用していた影響力のある「評議会」のようなものを採用することを検討していた。

そのような影響力モデルの力は、SAP USには2つあり、Terribileによると、グループと直接取引を担当する指定従業員。

彼らは非常に整理されたモデルを持っています。

サイズの不足は、それがうまく機能していないことを意味しています。

SAUGは、議論のためのアイデアを生み出すSAUG諮問委員会の任命を見ることができた、数年後には、提案された影響モデルを検討した。

Terribileは次のように述べています。「SAPはその一部でなければなりません。

私たちは、SAP Australiaについていくつかの議論をする予定です。

私たちはボード上の上級SAP Australiaの役員とリエゾンの役員を抱えていますが、Influenceにはコミットする必要があります。

私は常に[SAPオーストラリアとニュージーランドのマネージングディレクター] Geraldine、McBrideのような人々からの支持によって励まされています…しかし、同じトークンで、私たちはそれらのマーケティングメッセージを中継するだけではありません。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらし、それはおそらく真実です

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社Vivandaに投資します