レストランで7,000枚のiPadを空港に運ぶ:「15〜20%の収益増を見ている」

mul-ti-plexer-er。名詞。異種のデータ信号を単一の均一な出力に合成するエレクトロニクスのデバイス。ウェブサイトマルチプレクサは、さまざまな視点、メディアタイプ、およびデータソースをマージし、スポンサードブログを通じて1つの明確なメッセージに統合します。

ウェブサイトマルチプレクサを使用すると、マーケティング担当者はウェブサイトの公開プラットフォームでブログを作成できるようになり、マーケティング担当者がウェブサイトのコミュニティに直接接続することができます。ウェブサイトのコンテンツマルチプレクサのブログは、スポンサーと共同して制作されたもので、ウェブサイトの編集内容の一部ではありません。

Blatsteinは、1990年代半ばに空港レストラン事業に参入した元ナイトクラブのオーナーです。

彼の会社であるOTG Managementは先月、北米の4つの空港に7,000枚のiPadsを配備すると発表した。Blatsteinは有名シェフのMichael Lomonacoと42ドルのニューヨークストリップステーキをLa Guardia Airportに持ってきたことで最もよく知られていた。

ミネアポリス – セントルイスにあるLa GuardiaとJohn F. Kennedy Airportに何千ものiPadsを展開しています。ポール空港とレスター・B.ピアソン空港はトロントにあります。「空港の食べ物から空港を出る」マスタープランの次のステップです。

スタンドにマウントされたiPadは、充電用のUSBとiPadのドングルとともに、OTGレストラン(La GuardiaのBisouxのような高級フランスのビストロからJamba JuiceやDunkin ‘Donutsのようなチェーンまで)の座席を占有するだけでなく、実際の搭乗エリアの隣に何百もの座席に配置されています。

「一部の人々は神経質になって門から離れていることを知っているので、門番地区に深く入り込んでいる」と彼は語った。

この前例のないアクセスを得るために、OTGはLa Guardia、JFK、Minneapolis-Stのこれらの座席を管理していたDelta Airlinesと数百万ドルの取引をしなければなりませんでした。ポール、そしてトロントでは空港そのものと一緒に。

「最低年次保証か収益のどちらか大きい方を支払う」と同氏は述べた。

OTGのCEO、Rick Blatsteinは、空港レストランの雰囲気を「電気的に」手助けし、顧客1人当たり最大20%の販売を増やすことを支援していると述べています。

クレジット:OTG管理

その価値はありますか? OTGは、2つのニューヨーク空港の18カ月間のパイロットで、iPad経由で注文した顧客が他の顧客よりも15〜20%多くの費用を費やしていることを発見しました。 OTGは、すでに他の空港レストランの運営者よりも高いとしているが、空港レストランが有名になっていることから、価格を引き上げた結果ではないと、ブロンシュタイン氏は言う。 iPadsを使用することで、1人あたり$ 1.20から$ 2の間の売上高が増加しました。Blatsteinは “それをさらに高く押し上げることができます。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理とは何か、企業ソフトウェア、Sweet SUSE! HPEは、Linuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

顧客は完全に管理されており、注文をカスタマイズしたり、簡単に鶏肉やエビなどを追加することができます。彼らが終わったら、ウェイターやウェイトレスを見回すことなく、彼らのクレジットカードをスワイプすることができます。

翻訳:iPadsはまた、顧客サービスのスピードを高め、OTGが混雑した座席をより迅速に回し、より多くの顧客にサービスを提供できるようにしました。

盗まれたiPadsとスティッキースクリーンの防止

注文するには、当初、コントロールグループによってOTG用に開発されたiPads上のアプリを使用します。このアプリケーションは、ニューヨーク市のOTGの開発者によって現在メンテナンスされています。開発者は、iPadが載っているテーブルの中に隠されたMac Miniサーバーを6つのiPadsごとに1つのMac Miniの割合で更新することができます。実際に、すべてを追加すると、iPads自体はOTGの全体的な投資のわずかな割合しか占めません。

ROIの見通しについて質問したBlatsteinは、「我々は状況が進んでいることに非常に満足している」としか言いません。

懐疑的な帽子を置いて、私はBlatsteinに、盗まれた、破損した、または顧客の指から脂っこになったiPadsを使用した18ヶ月間のパイロット中にOTGが問題に遭遇したかどうか尋ねた。

幸いにも、誰も盗まれたり破損したりしたことはありません」とApple Storeで使用されているものと同じ種類のつなぎ部に接続されているiPadsのBlatsteinは言います.OTGレストランサーバーはiPadスクリーンを拭き取るなどの “余分な保守”彼らは警察として行動し、泥棒を監視する必要はない、と彼は言った。

私はBlatsteinに、前のナイトクラブの男として、彼のレストランの雰囲気を殺すようなスクリーンを凝視することを奨励することが心配しているかどうか尋ねました。

これは私の近くにあり、愛している問題です。私は間違いなく心配していた」と彼は言った。代わりに、彼が今までに見つけたのは、iPadsが「電気を部屋に加える」ということだ。あなたが見るものは、お互いに話している多くの人たちです。彼らは、iPadで読んだことについて話すために別の顧客に「傾けて」いるし、以前よりももっと社会的な交流を引き起こしている。

Apple自身もOTGの努力について「非常に支持的」であり、Blatsteinのチームをいくつかのパートナーにつなげるのに役立った、と彼は述べた。 7,000枚のiPadの公開が成功した場合、OTGは今後数年間で25,000〜100,000台のiPadを展開することができます(これはiPadアプリの展開には一番有望です。

Blatsteinはとても忠実で、Google NexusのようなAndroidタブレットを追加することは「予見できません」。

あなたはOTGの空港のiPadsの1つを試しましたか?あなたの経験はどうでしたか?

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする