レノボオールインワンThinkCentre PCはビジネスを目指し、499ドルからスタート

Lenovoは、Intel Core 2 Duoプロセッサ、Windows 7、および499ドルの価格タグを収載したビジネス用のThinkCentreオールインワンデスクトップPCを発表した。

Intel Core 2 DuoおよびCeleronデュアルコアプロセッサの選択肢、最大500GBのデータストレージ、DVDバーナー、6つのUSBポート、2つのオーディオスピーカー、オプションのWi-Fi、オプションの高解像度ウェブカム、VoIP用内蔵Skypeアプリケーション、Direct X10のサポート

ほとんどのオールインワン同様、スペースもゲームの名前です。 Lenovoによれば、ThinkCentre A70zはスペースを70%節約し、消費電力を削減し、ケーブルの使用量を減らして作業を進めている。それは、そのスペースを必要とするより緊急な事柄を持っている教育、金融、医療業界に最適です。

ThinkCentre A70zは、19インチの16:10ワイドスクリーンLCDモニター(2.4インチの黒いフレーム)で構成されています。このフレームは、壁にぴったりと取り付けたり、ラジアルスタンドで支えたり、額縁のように脚に立ったりして設置できます。 (輸送用に背面にハンドルが内蔵されています)

内部は以下の通りです

Lenovoによれば、このシステムは35秒で起動し、28%速くシャットダウンします。このシステムには、電源設定とグローバル設定のリモート展開用のPower Manager TVTアプリケーションもあります。

デザインの面ではもちろん、すべてのビジネスです:直線、暗いパネルと産業のシンプルさは、スタイルのルーストを支配します。

IDCの数字によると、オールインワンのPCセグメントは、2010年に世界全体で前年比16%の成長が見込まれています。その市場の大半は小規模オフィス/ホームオフィス(SOHO)市場を含む中小企業です。

ThinkCentre A70zオールインワンは、11月末に499ドルからご利用いただけます。

(LenovoはThinkCentre A58eタワー型デスクトップも発表しました。これは、現在入手可能で、349ドルから始まるIntel PentiumデュアルコアCPUを搭載したWindows 7の価値システムです)。

プロセッサー、4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発表、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットにより強力なチップの需要が生まれる、データセンター、NVIDIA、バーチャルGPUの監視、分析、ハードウェア、AMDがZenとIntelの優位性を打ちのめす

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す