世界人口のわずか40%しかインターネットに接続していません:レポート

世界的なインターネット接続を促進するFacebook主導のイニシアチブであるInternet.orgは、今週のレポートを発表し、世界の発展途上地域の接続における広大なギャップについて光を当てています。

世界的なインターネットアクセスに関する報告では、世界の人口のわずか40%しかインターネットに接続しておらず、少なくとも世界の人口の37.9%が少なくとも1年に1回はインターネットを利用していることがわかりました。

しかし、先進国と新興国を比較すると、内訳は異なる形になります。先進国の人々の78%はオンラインですが、新興国の人口の32%だけがインターネットを利用しています。

予想されるように、携帯電話は、人口の90%がモバイル信号の範囲内に住んでいる、グローバルなインターネット採用の主な推進要因ですが、近接性は接続性に変換されません。

また、インターネットの普及率は4年連続で減速し、2010年の14.7%から2014年には6.6%に低下したと指摘した。現在のペースでは、409人のつながりの人々のマイルストーンは2019年まで達成されない。

この報告書は、新興国でのインターネット採用のスピードアップを図るため、関連性、手頃な価格、インフラの問題に取り組む必要性を強調した。

それでも今年初めには30億人がインターネットに接続されます。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

イノベーション;•ブラジルでのM2M市場の復活:3D印刷、3D印刷、木材加工、銀行業務、バークレイズとのモバイルペイメント、フィンテックイノベーション、イノベーションのためのCommBankパートナー、地元の技術者の夢の実現を目指す