需要に応じたクラウド帯域幅を実現するインバンク構築スポット市場

データセンター事業者Equinix、Next DC、iseek CommunicationsおよびGlobal Switchの顧客は、起動時に必要に応じて余分な帯域幅をプロビジョニングすることができ、データトランクラインの未使用容量のグローバルスポット市場になると予想しています。

その容量は、企業がデータセンター事業者に接続するために使用するリースサービス、またはアクティブ化されていないダークファイバーでは、座ったり、未使用であることがよくあります。

シスコシステムズとNetAppのようなネットワーク機器のソフトウェア定義ネットワーク(SDN)機能を利用することで、インバンドは、顧客が永続的なデータサービスにコミットすることなく、その「ダークプール」の帯域幅の一部を提供できるようになります基礎。

このベンチャーは、シドニーに本社を置くクラウドインフラストラクチャプロバイダASE ITの創設者兼CEOであるAndrew Sjoquist氏の考えであり、ASEの顧客に利用可能な帯域幅の限界をテストするようになった。

「処理やバックアップ、ストレージなどのクラウドシステムを作成するときに、クラウドインフラストラクチャをどのように使用するかについて、クライアントに提供できる接続性が実際に変化し始めます」とSjoquist氏は説明します。

「私たちが望む最後のことは、人々が環境への接続性の低い配管を持っているという事実に基づいて雲の貧弱さを純粋に考えることであり、彼らはできることをやることができないと考えています。価格ポイントは通常阻害剤ですが、その接続性にアクセスできる場合は、肯定的にあなたのビジネスを劇的に変えることができます。

ほとんどの大規模施設と同様、シドニーに5拠点、メルボルン、サンフランシスコ、シンガポール、ロンドン、ニューヨークにそれぞれ1拠点を持つASEの世界の10のデータセンターには、大量のトランクサービスが敷設されており、実際、Sjoquist氏によれば、社内調査によれば、顧客帯域幅の56%、ダークファイバ帯域幅の92%が通常は使用されていないことが示されています。

「私たちが望む最後のものは、人々が環境への接続性の低いパイプを持っているという事実に基づいて、雲の貧弱さを純粋に考えるということです。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます

「これらの企業には窓口があり、帯域幅が必要なときには本当に必要です」と彼は説明します。 “しかし、彼らは本当にそれらの長い時間のための帯域幅を持つ必要はありません。私たちは、余裕のある帯域幅にアクセスできるように、できるだけ多くの人に能力を提供するために、世界を広げようとしています。

インバンバンクサービスは、顧客がメガビット超過帯域幅を購入することを可能にしますが、価格は当初は固定レベルに設定されていますが、まだ決定されていません。発電容量。

最高の利用可能な帯域幅は、エコシステムの一部として接続している「最小のパイプ」によってのみ制限されています」とチーフセールスマーケティング担当者David McGrath氏は言います。 「生態系の鍵は、真の価格感覚を作り、誰もが購入ニーズを満たすことができる十分な需要を創出するために、多くのバイヤーや売り手が環境に取り組んで、それを十分に機能させることです」

お客様は最終的に、必要に応じて、物理ネットワークアクセスサービスで許可されている限度まで、Webポータル経由で帯域幅を購入し、購入することができます。

「私たちの最終的な目標は、ネットワーク内に存在するソフトウェア定義のネットワーク機能を完全に拡張し、可能な限りアプリケーション開発者に提供することです」とSjoquist氏は言います。 「ネットワーク管理者は、一日中必要な帯域幅を制御し、要求を行うことができるだろう」

intabankは当初、10Mbpsの通過帯域幅を無料で提供しており、新しい顧客には$ 500の設立料金を免除する予定です。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、