2012年末までにインドのWebユーザーが150万人を突破

インドのインターネット利用者数は、主に若者の増加とモバイルブロードバンドアクセスの増加により、2012年末には1億5,000万人に達する見込みです。

インドのインターネット・モバイル協会(IAMAI)とインド市場調査局(IMRB)の報告書を引用して、インドのプレス・トラスト(PTI)は、今年12月までに同国の都市部に1億500万人のユーザーがいる農村地域では4,500万人のユーザーがいます。

今年6月現在、都市部では9900万人、農村部では3800万人となっている。

インターネット利用を主張している1億3,700万人のうち、1億1100万人がアクティブユーザーでした。この報告書では、アクティブユーザーを前月に少なくとも1回はWebを使用したユーザーと定義し、残りはインターネットを少なくとも1回使用したと主張するユーザーを定義しています。

この報告書によれば、アクティブユーザーの成長率は19%で、これは他のユーザーのキャンプよりも高く、インドの人々の意識に「深く」インターネットがどのように浸透しているかを示しています。

このような成長の大部分は、都市部の全アクティブなウェブユーザーの70%を学校に通っている子供、大学生、および若者が占めているため、若者によって引き続き推進されています。モバイルブロードバンドの普及により、インターネットの利用頻度が増えました。

この2つの要因は、Webにアクセスするユーザーの数を2011年の28%から今年の54%に押し上げるのに役立った、と報告書は指摘している。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、