BYODのセキュリティニーズに対応しているインドのベンダー

最近、いくつかの組織では、従業員がスマートフォン、タブレット、ラップトップを持ち運ぶことを許可し、奨励しています。これらの企業の中には、社員に自社のデバイスを購入して仕事に使う余裕を与えるものもあります。

しかし、BYOD(bring-your-own-device)のトレンドは、従来のIT部門にとって、ネットワーク上のすべてのデバイスをより詳細に制御することを望んでいます。

個人用のデバイスとは別に、従業員は個人のエコシステムと絡み合った作業にオンラインサービスを使用します。ソーシャルネットワークは、募集、マーケティング、リサーチなどの業務目的で使用され、組織の管理するアプリケーションの代わりにオンラインストレージやコラボレーションサービスを使用して作業ファイルやビジネス通信を共有する方が好きです。

このようなコンシューマアプリケーション、サービス、およびデバイスは、オフィススペースに侵入し、ビジネスニーズを満たすものです。場合によっては、これは会社の支援なしに奇妙な人によって行われます。しかし、いくつかの企業では、オンラインサービスとパーソナルデバイスという考え方を採用して、生産性を向上させ、ITコストを削減しています。

デリーに本拠を置くデジタルマーケティング代理店Digiqomのディレクター、Jay Vikram Bakshi氏は、これを好調な傾向と見ている。同氏は、「固定費からペイ・パー・ユースまでのコスト節減のメリットを享受し、オープンAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を活用して、従来の使用方法を規模、柔軟性、革新的な使い方に適応させ、 ”

もちろん、ビジネスにおけるクラウドサービスとコンシューマデバイスのこの管理されていない採用のもう1つの側面は、企業データの保存、管理、転送によってもたらされるセキュリティの課題です。

IT部門は、企業データの使用方法と場所を追跡することに苦労しています。シマンテックのインターネットセキュリティ脅威レポートによると、ユーザーがモバイルとクラウドに移行するにつれて、攻撃者もそうなるでしょう。モバイルプラットフォームとクラウドサービスが2013年に攻撃や違反の標的になることは驚くべきことではありません。2012年のAndroidマルウェアの急速な増加により、これが確認されています。

脅威には、通常ベンダーの提供が続きます。インドの通信事業者Bharti Airtelは、例えば、データセキュリティを損なうことなくBYODを採用するのを助けると宣伝されている新しいサービスDynamic Mobile Exchange Solutionを開始しました。このサービスは、複数のデバイスプラットフォームでシングルサインオンでアクセスされるアプリケーションのデータを「コンテナ化」し、安全なブラウザを提供し、IT管理者がセキュリティポリシー、デバイス設定、証明書、アプリケーション、オペレーティングシステムをリモート管理できるようにします。

モビリティ、レビュー:お客様を喜ばせたいビジネス向けのRomossポータブル充電ステーション;独自のデバイスの持ち込み; BYODユーザー:iOS 10またはAndroid Nougatベータ版を使用しないでください;クラウド;より効果的で効果的なデジタルワークプレイスを実現できますか? ;ハードウェア; Chromebookは新しい「それだけで動作する」プラットフォームです

Bharti AirtelのAirtel Business社長、Drew Keltonは次のように述べています。「ビジネス環境の変化に伴い、BYODのような若者主導型のトレンドがインドで獲得しています。業界の見積もりによれば、スマートフォン所有者の約70%企業のデータにアクセスするためにパーソナルデバイスを使用していますが、今日のBYOD活動の約80%は、セキュリティ上のさまざまな懸念から管理が不十分です。

「企業データを失うことなくBYOD現象を制御して利益を得ることができる革新的なソリューションを企業が実施する必要があります」とKelton氏は付け加えました。

レビュー:顧客を喜ばせるビジネスのためのロムスポータブル充電ステーション

BYODユーザー:iOS 10またはAndroid Nougatベータ版を使用しないでください

より良い、より効果的なデジタル職場を達成できるか?

Chromebookは新しい「それだけで動作する」プラットフォームです