HP、中国のネットワーキング事業の売却を目指す

Hewlett-Packardは、企業ネットワーキング事業を中国のバイヤーに売却するために、プライベートエクイティ企業との協議を開始した。

ウォールストリートジャーナル紙によると、米国と中国の緊張が高まっていることは、両国の企業に影響を及ぼしており、企業が互いの市場で事業を行い競争する能力にも影響している。その結果、米国と中国の間の問題は現在ビジネスの見通しを傷つけているため、技術大手は中国のネットワーキングユニットを買うために地元バイヤーを求めている。

この問題に精通している人たちを挙げて、この出版物は、プライベートエクイティ企業との協議が、H3Cテクノロジ事業を売却するための入札でHPのリストに最初に載っていると述べている。コーポレートネットワーキング部門の売却は非常に早い段階にあり、PCメーカーは、買収契約を結んでいると仮定すると、51%の支配権しか持たない。

H3C Technologiesは、ルータ、イーサネットスイッチ、無線LAN、セキュリティおよびネットワーク管理システムを含むネットワーク機器を中国の顧客に提供しています。同社のウェブサイトによると、H3Cは世界中の5,000人以上の従業員を占めています。

FBIのディレクターは、中国のハッカーはそれほど微妙ではないと考えていますが、ネットワークに侵入して物資を使い果たしてしまうほどのものであり、毎年米国の企業数十億ドルを要しています。

WSJの情報源によると、HPのビジネスの売却額は最大50億ドルに達するとみられる。しかし、もし中国政府がこの取引を承認するならば、買い手は現地にいる必要があるだろう。さらに、潜在的な売却は、中国のテクノロジー企業がHPの企業ネットワーキング事業を営むことに関心を示している可能性があるため、プライベートエクイティ企業に限られるものではありません。

米国と中国の関係は、過去数年間で悪化している。両国とも、スパイやサイバー攻撃のもう一方を絶えず訴え続けているからだ。米国は、米国家安全保障局(NSA)の運営から、中国のネットワーキング会社Huaweiが導管路として使用される可能性があると示唆した米国の関係者からの報告書、中国政府へのスパイ活動他の国のスパイ

米国は、中国がハッカーを後援していると考え、FBIのジェームス・コメイ最高責任者(Comey)は最近、中国のハッカーと泥棒を飲酒したことを比較した。

MicrosoftやIBMをはじめとする米国の企業は政界の暴風を巻き起こしていますが、アジア諸国ではビジネスは改善されています。中国政府は最近、マイクロソフト社のWindows 8オペレーティングシステムを政府のコンピュータで使用することを禁止し、金融機関も地方の選択肢を優先してハイエンドのIBMサーバーを捨てるよう求められている。

続きを読む:企業で

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する

HPE、ソフトウェアポートフォリオを売却する協議

HPEがVerticaをアップデートし、Haven OnDemandの機械学習機能を強化

雇用査証:技術企業にとっては難題、EUはルクセンブルク税制上のアマゾンを調査する、Googleは100,000ドルのクレジットで雲を降ろす、EBP、PayPalは2つの別々の取引企業に分割する、Lenovo、VMwareパートナーはデータセンターソリューションを提供する;エンタープライズセキュリティチェーンの弱いリンク:フィッシングのために落ちる

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Linuxはエンタープライズソフトウェア、HPEは非コアのソフトウェア資産をマイクロフォーカスに88億ドルで提供、エンタープライズソフトウェア、ソフトウェアポートフォリオを売却するHPE、エンタープライズソフトウェア、HPEアップデートVertica、マシン学習機能を強化ヘブンオンデマンド