HuaweiはAus Govtのベンダー差別を嫌う

中国のネットワークベンダー、ファーウェイ(Huawei)は、国家安全保障共同理事会によるオーストラリアの通信セキュリティ調査で提案された提案は、同社のナショナルブロードバンドネットワーク入札の禁止を受け、Huaweiなどの一部のベンダーが差別されることを懸念しているNBN)。

調査に付随する司法長官のディスカッション・ペーパーは、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に顧客データを最大2つまで保持することを要求するなど、技術の変化に対応するための電気通信セキュリティ法の見直しに関する幅広い提案を多数行っている政府機関は、通信事業者がネットワークインフラストラクチャで使用できるベンダーと使用できないベンダーを決定する上でより大きな役割を果たします。

HuaweiがNBNへの入札を禁止されていたため、まだ秘密にされているため、Huaweiの提出により、Huaweiや他のベンダーを排除する可能性のある提案について懸念が生じた。

「提案された改革をめぐる論評があれば、ディスカッション・ペーパーで提案されているセキュリティ基準は、特定のベンダーや特定の起源のベンダーを差別するような形で課されることに懸念がある結果 “と述べた。

Huawei氏は、セキュリティ改革は「追加のテープ」にならず、「ベンダーの起源国などの無関係な基準」ではなく、実際のセキュリティリスクに焦点を当てるべきだと述べた。

同社は、ネットワークベンダーがビジネスを勝ち取るために機器のセキュリティを実証する必要があると述べ、業界での競争が激化しているため、ネットワーク機器で利用可能なセキュリティが向上しています。 Huawei氏は、英国、シンガポール、マレーシア、ニュージーランドのファイバーネットワークに機器を備えていることを強調し、米国の第1層キャリアネットワークでは意味のある存在ではないが、米国のネットワークがより安全であるという証拠はなかった英国やニュージーランドに比べて

Huawei氏はまた、主要ライバルであるAlcatel-Lucent、Ericsson、Nokia-Siemens、Ciscoはいずれも中国の主要製造拠点を持っていると指摘し、原産国に基づく企業の区別は「合理的でも効果的でもない」と指摘した。

このように、Huaweiは、通信事業者が、政府によるネットワークインフラストラクチャに関する主要なビジネス上の決定を最初に実行し、オーストラリアへの競争と投資に害を及ぼすと述べたことを強制しないことを推奨しています。

差別的な安全保障改革は、オーストラリアの消費者、企業、政府のための投資、革新、新技術の利用を制限するだろう。

シスコは、サプライチェーンやハードウェア/ソフトウェアの脆弱性からインフラストラクチャーの完全性までのすべての要素を評価しなければならないと述べた。同社は、「サプライヤーとネットワーク要素の信頼性」が安全なネットワークには重要だと述べた。シスコは、政府、ベンダー、および通信事業者間の非公開のパートナーシップに「信頼できるコミュニティ」モデルを使用することを推奨しています。

委員会はこれまでに177件の提出物を公表しており、大半は改革提案に反対する民間人からのものであるが、多くの政府機関や電気通信団体からも意見が分かった。

オーストラリアの第3位のISPであるiiNetは、サイバーテロに関する統計や傍受とアクセス法の改正が必要な理由を正当化するための統計など、「難しい証拠はない」とし、データを最大2年間保持することは矛盾しているプライバシー法の国家プライバシー原則を遵守してください。この行為の下で免除が提供された場合、iiNetは、法執行機関に使用される可能性がある場合に備えて、個人情報を収集して保持することができるため、プライバシーに大きな影響を与えると述べています。

iiNetは、政府がデータ保有スキームのコスト、便益およびリスクの分析を提供し、政府機関がデータを必要としている理由を正当化し、ISPへの費用を定量化する必要があると述べた。

オーストラリア移動通信協会とコミュニケーション・アライアンスは共同出資で、データ保有の実施に関連する費用や電気通信事業者に影響を及ぼすその他の提案を最小限に抑え、コストが消費者に伝わらないようにするべきだと述べた。グループは、データ保持のコストが「数千〜数百万ドル」の範囲にあると推定しています。

ソースと宛先のIPアドレスを含める必要がある場合、この情報を取得する技術を設定するには、5億オーストラリアドルから7億オーストラリアドルのコストがかかると推定され、1つのデータ要素を追加すると数千万ドルのグループは、政府がISPがどのような情報を保つべきかを実際に明らかにすると、より正確な数値を提供できると述べた。

オーストラリア税務局(ATO)は、ATOがISPからのリアルタイムデータを入手できれば、詐欺捜査が改善されるだろうと述べているが、税関と国境保護は傍受権の増加の可能性を歓迎した。

オーストラリア連邦警察(AFP)は、サブスクリプション情報、番号、連絡時間、IPアドレス、URLなどの「非コンテンツデータ」に関するデータ保持の提案は、政府と法執行機関に与えることではないと主張した技術の変更に伴い、「既存の調査機能が利用可能であることを確実にする」と述べた。

データの保持がなければ、AFPは、犯行者の追跡、裁判所での証拠の提示、生命を脅かす状況への対応、調査の完全な実施が制限されると警告した。

ジャーナリストを代表するメディア、エンターテインメント、アーツ・アライアンスは、提案された傍受権限の拡大が「報道の自由を脅かす可能性がある」とし、政府機関がISPからデータを入手できるならば、ジャーナリストの情報源と情報の機密性を失う可能性がある。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow

TelstraはSDNリシリングによる120の自発的冗長化を求める

ACCCは、OTT、NBN、モバイルデータの競争効果に関する提出を求める