IBM、SmartCloudインフラストラクチャーをSAPアライアンス、グローバル・カバレッジに拡張

IBMは今週、IBM Connect 2013の中でソフトウェア部門の躍進に忙しかったが、クラウドは今も注目を集めている。

この技術巨人は、SAPを含む拡張パートナーシップを含む、いくつかの異なる方法でSmartCloudをアップグレードしています。

ビッグ・ブルーは、IT環境の自動化を目的として、IBM独自のSAPベースのサービスを提供する予定です。基本的には、IBMの新しいSmartCloud Enterprise(SCE +)インフラストラクチャとしてのサービスクラウドを使用して、SAPソリューションのセットアップ、テスト、導入を行うことができます。

IBMはSCE +を使用して、パブリック・クラウドの主要なステップであると主張しました。同社のアウトソーシング・ビジネスとより多くのITアレンジがブレンドされています。

SAPに焦点を当てたサービスの場合、IBMはクラウド・ベースのシステムを24時間サポートするグローバル・デリバリー・モデルに基づいて「99.7%の可用性」を約束しています。

この特定の製品は、SAP Business SuiteソフトウェアおよびBusinessObjects顧客のためのPlatform-as-a-Service(PaaS)として提供されます。

しかし、一般的なSCE +環境では、IBMは各単一OSインスタンスの可用性を98.5%から99.9%に保証します。

これらの数字は、今日の発表でSAPユーザーに約束されているものよりもわずかに少ないので、これらの顧客に特別なインセンティブを促進します。

IBMはより多くのクラウドサービス、ソーシャルビジネスを加速するソフトウェアに頼っています; IBMは将来の仕事としてソーシャルビジネスを積極的に推進し、IBMの役員はCレベルギャップ

IBMは、日本、ブラジル、カナダ、フランス、オーストラリア、ドイツ、米国の5大陸に分散しているSCE +のクラウドセンターを持っています。スペインのバルセロナにある別のクラウドセンターは、2013年中頃に稼動する予定です。

 Webサイト上のIBM Connect 2013から

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大