IBMの認知コンピューティングへの賭け、ワトソンは報酬を得るのに時間を要する

IBMは将来の収益成長を認知コンピューティングに賭けているが、ワトソンとギャングは進行中の作業である。

IBMの第1四半期の業績報告では、ビッグ・ブルーが収益をうまく管理できることは明らかでしたが、収益は時間とともに低下し続けています。 IBMは順調に進んでいるが、クラウドサービスと分析技術を打開しようとしている。

しかし、これまでの大きな疑問は、ワトソンを中心に回っています。 WatsonはIBMの認知コンピューティングブランドですが、その技術がどの程度スケーラブルであるかは不明です。その結果、IBMは分析企業を買収し、Watsonブランドのもとで分析しています。

しかしながら、コグニティブコンピューティングは、焼くためにより多くの時間を必要とする。 IBMの認知事業は、第1四半期の売上高を40億ドルで、前年同期と同水準に引き上げました。コモディティソフトウェアが第1四半期に3%増、取引処理アプリケーション売上が前年同期比5%減となった。

コグニティブコンピューティングとワトソンブランドの話を考えれば、第1四半期の収益の伸びは鈍いものでした。ここでは、分析とセキュリティツールに加えて、トランザクション処理ソフトウェア(メインフレームを考える)を含むIBMの認知ビジネスの概要を紹介します。

どうしたの?ワトソンは、ヘルスケアやインターネットにまたがるユニットですが、買収によって構築されたため、統合する必要があります。

ワトソン・ヘルスケアが4回の買収で40億ドルで創設されたと考えてください。ワトソン・ヘルスケアには6,000人の従業員がいます。そのうち、IBMによって700人の従業員が雇われました。残りは買収された。

CFOのMartin Schroeterは、The Weather Co.の買収などの契約で買収した同社のコンテンツと同様に、ワトソンのクラウドの提供は2桁の収益成長を遂げたと述べた。

IBMワトソンは外国語でどれくらい良いですか? IBMは、イリノイ大学との認知コンピューティング研究センターを構築しています; IBM、ファイザーはパーキンソン病に取り組むための研究協定を締結しています; IBMはワトソン、OpenPowerで進歩について話しています;このワトソンのロボットコンシェルジュはホテル業界を再考する

その成長はスタートですが、ワトソンがIBMの成長を全体的に向上させる場合、ビッグ・ブルーのプレゼンテーションで概説されている収入の流れが出てくる前に、多くの作業が先行しています。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実の低さを自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

IBM Watsonの詳細