Microsoft Office Web Appsレビュー

Office 2010と同時に開始されたOffice Web Appsは、Word、Excel、PowerPoint、およびOneNoteの軽量バージョンをブラウザで提供する、ホスティングされたオフィスサービスでMicrosoftが初めて試みた真剣な試みです。

Office Web Appsには追加料金はかかりません。個々のユーザーと小規模企業はOffice Live SkyDriveサービスにサインインするだけで済みますが、大企業の場合は社内でホストできるインプリメンテーションがあり、SharePoint 2010には共有とコラボレーションが必要です。

Google AppsやZoho Businessと同様に、ブラウザ以外のユーザー向けに特別なソフトウェアは必要ありません.MicrosoftはInternet ExplorerだけでなくFirefox、Safari、(最新のMicrosoftブログによると)Chromeをサポートしています。 Operaはリストにはないが、動作するようだ。

主にJavaScriptで書かれているため、追加のブラウザアドオンやプラグインは必要ありませんが、MicrosoftのSilverlightはページの読み込み時間を向上させるとともに、高いズームレベルでのフォントレンダリングを改善します。 Office 2010のローカルコピーも便利なので、ドキュメントをオフラインでダウンロードおよび編集することができます。

無料のSkyDriveサービスにサインアップし、典型的な8Mbpsブロードバンド接続を使用してOffice Web Appsをテストしました。一度設定すると、さまざまなホストされたプログラムがかなり高速に読み込まれ、応答しました。デスクトップバージョンほど高速ではなく、大部分の目的には十分に速くなりました。オンラインアプリケーションでは、Office 2010と同じリボンUIも採用されているため、既存のユーザーにはほとんど習得することができません。ただし、ドキュメントのアップロードや保存には時間がかかることがあり、デスクトップ製品に比べるとメニューやオプションがはるかに少なくなります。また、SkyDriveサービスで文書を保存および管理する方法にも違いがあります。

Office Web AppsはOffice 2010と同じリボンUIを使用しているため、少なくとも既存のユーザーにとっては学習しやすくなります

各Office Web Appは、ドキュメントビューアツールとエディタツールが別々になっているため、2つに分けられます。たとえば、ドキュメントをクリックすると、編集しないで表示するためにのみ開きます。

ビューアは、埋め込まれた画像、表、グラフなどの機能を保持するツールの中で最も完成度が高いので、デスクトッププログラムとほぼ同じです。さらに、後でオンラインで編集できない機能であっても、ドキュメントの忠実性は維持されます。残念ながら、それはかなり大変です。

Excel Web Appは、共同編集をサポートするMicrosoftのホストスイートの唯一のものです

たとえば、Word Web Appでは、テーブル、画像、リンクなどの挿入や編集ができますが、それだけです。画面上の定規はなく、タブを設定する方法もなく、最悪の場合、より複雑なWord文書はしばしば文字化けします。複雑なスプレッドシートを正しく表示したり、データが変更されたときに埋め込みグラフを更新したりするExcel Web Appの方が優れています。ただし、グラフやその他の複雑なオブジェクトを作成するツールはありません。 PowerPoint Web Appエディタの機能は不十分ですが、既存のプレゼンテーションをアップロードして実行するのに問題はほとんどありませんでした。

SkyDriveの制限も別の問題です。 SkyDriveユーザーは25GBを手に入れることができますが、これは素晴らしいことですが、アップロードされたファイルは50MBを超えることはできません。さらに、Office Web Appsは最新のOffice 2007/2010形式(DOCX、XLSX、およびPPTX)のドキュメントのみを保存します。以前のOffice 97-2003のドキュメントは、表示用にアップロードできますが、編集や保存のために新しい形式に変換する必要があります。

表示するときにのみ、ドキュメントを編集するときに印刷オプションはありません。おそらくドライバの互換性の問題を避けるために、ドキュメントをプリンタに送信する前にPDFに変換する必要があります。これは、Adobe ReaderがインストールされたWindows PC上でほとんどシームレスに動作しましたが、他のプラットフォームのPDFだけで残しました。

PowerPoint Web Appは、既存のプレゼンテーションを実行する上では問題ありませんが、編集ツールが不十分です

我々はまた、アプリケーション間のいくつかの矛盾に気づいた。たとえば、WordとExcelのドキュメントを手動で保存する必要がありましたが、PowerPointでは自動でした。また、Excelスプレッドシートを共同編集することはできますが、このオプションは他のアプリでは使用できません。最後に、SkyDriveの広告は非常に迷惑であることが判明しました。敷地内のユーザーは、この刺激に悩まされることはありません。

GoogleとZohoのサービスとは対照的に、Office Web Appsには電子メールは含まれていません。いくつかの欠点があるため、マイクロソフトのホスト型サービスをフルタイムで使用することは望ましくありません。 Office自体が利用できない場合、おそらく、モバイルブロードバンドを搭載したネットブックや、限られたローカルストレージ容量を持つウルトラポータブルコンピュータでは許容範囲です。また、出発前に最新のバージョンをロードする必要がないため、旅行中にプレゼンテーションをすることもできます。しかし、それ以外にも、GoogleとZohoの競争に追いつくためには、Office Web Appsには多くの作業が必要です。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン