NetAppとCiscoがFlexPodダンスをやっている

NetAppは、シスコとのパートナーシップとFlexPodの新機能について最新の情報を得ることができました。

シスコは、業界標準のX86ベースのメインフレームを2009年にUnified Computing System(UCS)の名称で導入しました。この時点で、私をはじめ多くの業界専門家は、シスコがシステムサプライヤの友人それらを顧客口座に持ち込む。シスコとシステムサプライヤの間にはかなりの緊張感がありましたが、シスコはシステムで大きな成功を収めています。

シスコとNetAppはパートナーシップを発表し、2010年に「FlexPod」と呼ばれる柔軟で拡張性の高いストレージシステムを導入しました。その後、シスコとNetAppは3,000人以上の顧客を持つ顧客ベースを構築しました。 NetAppは、2012年にこの時期から新しいインストールが倍増したと私に伝えました。

シスコとNetAppは、Citrix、Microsoft、VMware、CA、BMCなどのプレーヤーを含むFlexPod協調支援プログラムを作成しました。

Citrix XenDesktop、Citrix XenServer、Citrix CloudPlatform、Microsoft System Center、VMWare vCenter Orchestrator、CA Automation Suite for Clouds、BMC Cloud Lifecycle Managerなどの製品がそのプログラムの一部です。

NetAppは、エンタープライズおよびクラウドサービスプロバイダ向けのFlexPodポートフォリオ(FlexPodデータセンター、FlexPod Express、FlexPod Select)の大幅な拡張について議論しました。ここでは、NetAppが提供する発表の概要を示します

マルチデータセンタークラウドインフラストラクチャ向けのNetApp MetroClusterを使用したFlexPodデータセンターこれにより、FlexPodプラットフォームに独自の継続的な可用性とゼロのデータ損失機能がもたらされます。このアーキテクチャでは、CiscoNexus®7000にOTVサポートが新たに組み込まれています。

Cisco Virtualized Multiserviceを使用したFlexPodデータセンターIaaS Cloud Provider用データセンター2.3 Cisco Virtualized Multiserviceを備えたFlexPod Datacenter Data Center 2.3により、サービスプロバイダーが雲を構築できるようにスケーラブルで安全性と復元力の高いインフラストラクチャーが可能になります。

UCS Director 4.1は、クラスタ化されたData ONTAPと深く統合されています。UCS DirectorおよびIntelligent Automation for Cloud(IAC)との新しい統合により、顧客がクラウドサービスを提供するための自動化およびサービスカタログが提供されます。

組織がX86ベースの業界標準システムに基づいたコンピューティングソリューションを追求してきたことで、それらはミッドレンジシステムとメインフレームの両方で以前に発見され、解決された同じ問題に直面しました。高度に分散されたサービス・ベースのコンピューティング・アーキテクチャーを目指す企業は、確かに多くの柔軟性、パフォーマンス、スケーラビリティー、および信頼性を企業に提供しました。また、セキュリティと管理性の両方で高度な複雑さと問題をもたらしました。

シスコ、デル、HP、そしてIBMは、メインフレームの帽子からいくつかのトリックを引き出し、「コンバージドインフラストラクチャ」システムを開始しました。つまり、メインフレームコンピュータの主要要素を単一の筐体にまとめ、単一の管理およびセキュリティドメインを構築しました。結果を業界標準のメインフレームと呼ぶのではなく、シスコはこの業界の標準メインフレームを「ユニファイドコンピューティングシステム」(UCS)と呼んでいました。私はそれらをX86ベースのメインフレームと呼びます。

業界が仮想アクセス、アプリケーション、プロセッシング、ネットワーキング、ストレージに依存する仮想化コンピューティング環境をますます普及させるにつれて、環境の管理はしばしば非常に困難なレベルにまで複雑化しています。すべてを元に戻すことで、複雑さのレベルは低下しますが、業界標準のコンポーネント、オペレーティングシステム、アプリケーション開発ツール、フレームワークのメリットがあります。このアプローチは、管理と運用のコストも削減するはずです。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

シスコ、NetApp、FlexPodの歴史

他のパートナー

FlexPodの新機能

スナップショット分析