NTT Com、シンガポール、マレーシアにデータセンターを開設

シンガポール – NTTコミュニケーションズは、アジア太平洋地域でネットワークを拡大する計画の一環として、シンガポールセランングデータセンターとマレーシアサイバージャヤ3データセンターを発表しました。日本のICTサービスプロバイダーは、高速ネットワークを必要とし、プライベートクラウドをサポートするためのインフラを保護する金融サービス企業や企業を対象としています。

今回のメディアブリーフィングでは、NTT Comの有馬明(Arima)社長は、この新しい施設は日本初の自社設計・構築されたデータセンターであると指摘した。これらはアジア海底ケーブルエクスプレス(ASE)に直接接続されています。アジア海底ケーブルエクスプレス(ASE)は、アジア太平洋地域の新しい海底高速ケーブルで、バックホールを最小限に抑えることができます。

Arimaは、これがシンガポールの4番目のデータセンターであり、3番目がマレーシアのデータセンターであると付け加えました。 NTTコミュニケーションズは、通信会社NTT(NTT)の国際業務拠点であり、ネットワークおよびセキュリティ管理サービスを提供しています。

同社は、シンガポールの設備投資額が約1,443億円で、5,000スクエアメートルの面積に2,500ラックがあると付け加えた。 Tier III +データセンターは、コロケーションサービスとクラウドサービスを提供しており、2月末から完全に運用されています。

マレーシアの施設は4月26日に操業を開始し、電気料金が安く、インフラが安定しているため、リモートバックアップとオフショアサイトとして位置づけられている。

NTTシンガポールのTheorodic Chan(COO)は、ブリーフィングで、クラウドサービスに対する強い需要を背景に、この地域の成長が奨励されていると述べた。 「アジアからの収入は毎年20%伸びています。

また、近年の日本の地震やタイの洪水などの自然災害に伴い、事業継続計画への関心が高まっていることからも需要が増加していると付け加えた。

イベントでは、NTTシンガポールの社長兼社長であるKazami Takeshiは、特に金融サービスや製造業に強い関心を示しました。 「これらの自然災害の前に数量化するのは難しいですが、ごく少数の人々がそれについて話していました。今、私たちは多くのお客様にそれを求め、災害復旧計画を受け入れることができます」

NTTコムは来年、香港に新しいデータセンターを開設する計画だという。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促し、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者